結城友奈は勇者である 12話(貴方に微笑む)Aパートの感想




キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

アニメはハッピーエンドでええじゃないか
ゆゆゆ(結城友奈は勇者である)第12話(最終回)は、
バーテックスとの決戦から学園祭での演劇まで、
物語の起承転結の「結」にふさわしい展開だった。

賛否両論あると思うし、私も「身体が不自由な方への配慮が欠ける」と感じたが、
このご時世、「アニメ(フィクション)の世界くらいは明るく盛り上げていこう」
というスタッフの情熱を感じた。

結城友奈は勇者である12話Bパートの感想はこちら

まずAパートの感想。東郷 美森の暴走で、バーテックスが合体し、
現状での最終形態となり、神樹への攻撃を行おうとする。

結城 友奈はバーテックスの進行を必死に食い止めつつ、
美森を説得しようとする。

友奈は、暴走を続ける美森のほっぺたを殴り、抱きしめる。
友達に同情するのも優しさであるが、友達の悪いところを注意できる、
成熟した「本当の優しさ」を感じた。

学校や会社などで苦労したことがある方は分かると思うが、
美森も彼女なりに苦しんでいたと言うことを忘れてはいけない。

この世に絶対的な正義はない。
例えばゴミ拾いがボランティア活動になったとする。
ボランティアした人はいい気分になるかも知れないが、
清掃員の仕事(本人や家族の生活)を奪うことにつながってしまう。

バーテックスが合体した刺激などで太陽が異常活動をはじめてしまう。
友奈は太陽を止めようとするが、満開と散華の影響で足が動かなくなる。

もうダメかと思ったとき、犬吠埼姉妹(風と樹)と三好 花凜が
太陽を止めるのを手伝いに来る。

勇者部のみんなが満開と散華を繰り返し、ボロボロになっているところ、
友奈は最期の力を振り絞り、太陽を攻撃する。

太陽のコアを破壊、友奈以外の妖精が消え、
勇者部の戦いは一旦終わる。

時間が取れれば、Bパートの感想も書きたいと思いますので、
引き続きよろしくお願いします。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】


※2014年12月26日時点の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。