ポケモンの世界観考察(旅立ち・教育・仕事など)




キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

ポケモンの世界観考察
1995年にゲームボーイソフトとして発売されてから、
爆発的な人気を誇る「ポケットモンスター(以下ポケモン)」の
世界観について個人的に考察してみようと思う。

ポケモンの世界観(旅立ち)
ポケモンの世界では、10歳から旅立つことが認められている。
アニメの用語で言えば、「ポケモンを持つことを許される」

ポケモンの世界観(教育)
学校の勉強などは9歳までで一旦修了し、
通信教育で補習していると推測できるが、
10歳の子供を旅立たせる家族の理解が大きいと思う。

ポケモンの世界観(仕事)
世界では働いている子供・教育を受けられない子供もいるが、
日本では、社会人1年目でも幼い印象の人もそれなりにいる。

私たちの世界と同じように人間を相手にした仕事の他に、
ポケモンに携わる仕事が多く存在すると考えられる。

ファイトマネー設定は子供に悪影響なので、10歳だから、
親からの援助を受けて旅している程度に考えておく。

ポケモンのブランドイメージ
ポケモンは、任天堂から独立した企業形態で、
海外に展開しやすいように、チェック体制が充実している。

また、子供達の夢を壊さないよう、
「ポケモンの世界ではポケモンを殺して食べない」
など、徹底したイメージ戦略を行っている。
子供向けとバカにできない奥が深い作品である。

なお、携帯ゲーム機から展開された、本シリーズであるが、
最新作のXYでは大人も楽しめる要素が充実している。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】


※2013年11月20日時点の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。